FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年2月24日 勉強会

平成維新伝心プロジェクト


平成維新伝心プロジェクト

「アメーバー経営とは?」

 
アメーバー経営は、京セラ創業者であり、第二電電(→KDDI)の創業者であり、又現在再生したJALの会長である稲森和夫氏の考える経営管理システムである。それは単なる経営技術又その寄せ集めではない。“魂”の入った経営手法とでもいうべきものである。それは会社の現職を「アメーバー」と呼ばれる小集団に分け、社内よりリーダーを選び、その経営を任せることにより、経営者意識を持たせ、それらの一人一人が主役となる「全員参加経営」を目指している。さて、それではアメーバー経営の実際は・・・・・本番をお待ち下さい。

今回の商品紹介は、ヒロアート様が行われます。


と き  2012年2月24日(金)
     18:30~20:30(受付開始18:15)

ところ   エル・おおさか

      〒540-0031
      電話:06-6942-0001

対象    経営者、創業予定者、積極的に勉強したい人
定 員   20名(申込先着順)
受講料   非会員様3,000円(会員様1,000円)
発表者   下田幸男氏

京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m
京阪・地下鉄堺筋線「北浜駅」より東へ500m
地下鉄御堂筋線「淀屋橋駅」より東へ1,200m
JR東西線「大阪天満宮駅」より南へ850m


カリキュラム
18:30~18:45 (挨拶)    会長からのお話
18:45~19:30(企業紹介) 会員による商品アピール
19:30~20:00 (一部)    講師による学び
20:00~20:30 (二部)    ご出席者の方々を交えての意見交換会


平成維新伝心問合先

テーマ : 中小企業の経営
ジャンル : ビジネス

2011年12月2日 勉強会

平成維新伝心プロジェクト 2011年12月2日1


平成維新伝心プロジェクト

「企業倒産の方程式から学ぶ」

 成功企業は,その成功の原因はさまざまで、かつ,景気が良かっただけなどという,単なる幸運による場合も多い。これに対して、倒産は、いわばつぶれるべくしてつぶれているケースが多い。企業がつぶれないようにすることは、言うまでもなく大切なことだが、企業倒産には方程式のように,決まったパターンがある。ということは、これを学ぶ意義は大きいことを意味する。『ケース・スタディ企業倒産つぶれないための七つの鉄則』という本がある。かなり前の本であるが,パターンを勉強するのに役に立つ本である。今回これに依拠しつつ,学習したい。

今回から参加者様の商品紹介を行うことになりました。
「街角茶館」(ゴラクシー株式会社)の中国茶・台湾茶試飲、お茶のジェラート試食を行います。



と き  2011年12月2日(金)
     18:30~20:30(受付開始18:15)

ところ   エル・おおさか

      〒540-0031
      電話:06-6942-0001

対象    経営者、創業予定者、積極的に勉強したい人
定 員   30名(申込先着順)
受講料   非会員様3,000円(会員様1,000円)
発表者   松村勝弘氏

京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m
京阪・地下鉄堺筋線「北浜駅」より東へ500m
地下鉄御堂筋線「淀屋橋駅」より東へ1,200m
JR東西線「大阪天満宮駅」より南へ850m


カリキュラム
18:30~18:45 (挨拶)    会長からのお話
18:45~19:30(企業紹介) 会員による商品アピール
19:30~20:00 (一部)    講師による学び
20:00~20:30 (二部)    ご出席者の方々を交えての意見交換会


平成維新伝心問合先

テーマ : 中小企業の経営
ジャンル : ビジネス

2011年9月16日 勉強会

平成維新伝心プロジェクト 2011年9月16日


「生命力のある企業とは?」
-企業はヒトなり-
企業は儲からないと生き残れない。それは間違いない。
だから利益第一、上場企業であれば株主価値第一を標榜することになる。
でも、利益はどこから来るのか。
企業は「モノ」ではない。「企業はヒトなり」という。
まず第一に、顧客。顧客に何をどう提供するかで決まる。
第二に、従業員。当たり前だが、「ひと」は機械ではない。夢を持って将来を見据えて働く。
企業が「ひと」の将来を保証するためには、存続しなければならない。
企業は単に働く「場所」ではない。企業は生命をもっている人格、すなわち法人であり、組織である。
『企業生命力』という本などを参考にしながら、企業の生き残りはどのようにすれば可能なのか、考えて行きたい。

と き  2011年9月16日(金)
    18:30~20:30(受付開始18:15)
ところ エル・おおさか5階「503号室」
    〒540-0031 大阪市中央区北浜東3-14
電話: 06-6942-0001
対象  経営者、創業予定者、積極的に勉強したい人
定 員  20名(申込先着順)
受講料 非会員様3,000円(会員様1,000円)
講師  松村勝弘(まつむら かつひろ)

平成維新伝心問合先

テーマ : 中小企業の経営
ジャンル : ビジネス

2011年7月8日 勉強会

平成維新伝心プロジェクト 2011年7月8日


今回の勉強会のテーマ:

「新しい時代のマーケティング」
・・少子高齢化・世界初四世代マーケティングとは・・・

高度成長期からバブルがはじけて、現在まで実際には景気は回復しておらずGDPは減少し傾向にある。即ち内需拡大型中小企業の経営環境は悪化している事を理解すべきである。経営者は今後どの様な時代に大阪が 日本が 世界が進んでいるのかを察知すれば、生き残る事も可能である。
誰も教えてくれない本当の経営環境をマーケティングの立場から、わかりやすく自分の会社やお店の立ち位置のヒントをこのセミナーで考えてみませんか?


発表者:堀越 昭夫 氏
ストアオペレーションサービス株式会社 CEO
MBA 経営学士 販売士
日本FCチェーン協会認定スーパーバイザー士
中小企業基盤機構、大阪、京都の支援事業に登録参加
大手外資系チェーンで店舗の新規開店や建て直し、TVマーケティングエリアの統括などの経験を経てサービス業・飲食業・販売業・小売業・コンビニエンス・アミューズメント事業を手掛け、現在個人商店・商店街・チェーン本部のアドバイスを生き甲斐としている。
一部地域の公的機関では同氏の窓口相談は一ヶ月先まで予約が取れない超売れっ子アドバイザーでもある。
企業や商店街・商工会議所のセミナーでも講演多数。
経営者と同じ目線で考え、それぞれの問題点に応えを出してくれる「お店のお医者さん」としてファンも多い。

時間: 18:00~20:30
対象: 経営者、創業予定者、積極的に勉強したい人
定 員: 20名(申込先着順)
受講料: 非会員様3,000円(会員様1,000円)

テーマ : 中小企業の経営
ジャンル : ビジネス

2011年5月28(土)

5月28日勉強会



サービスマネジメント

ビジネス展開において、「顧客満足とは?」「顧客が求めているものは何か?」という言葉をよく耳にします。
1980年~1990年前半までは、「良い物、便利なモノ」、“モノ”に価値を見いだしていました。
価値が際限なく多様化された現在は、モノ(ハード)からサービス(ソフト)へと価値の方向が変化をしてきています。
これからのビジネスは、今までのように、「質の良い商品を販売する」「機能性の高い製品を取り扱う」という“モノ”としてその良さや性能を単一に捉えるのではなく、顧客の手に渡るプロセスやアフターケアなどを包括的に捉えてビジネス展開していくことが重要になってきます。そこで、「サービスとは何か?」、「サービスをどのようにマネジメントに取り入れて行くか?」を中心に勉強会を進めていきたいと思っています。

と き 2011年5月28(土)
    13:30~15:30(受付開始13:15)
ところ エル・おおさか 「601号室」
    〒540-0031 大阪市中央区北浜東3-14
    電話:06-6942-0001
対象 経営者、創業予定者、積極的に勉強したい人
定 員 20名(申込先着順)
受講料 非会員様3,000円(会員様1,000円)

テーマ : 中小企業の経営
ジャンル : ビジネス

facebookページ
Twitter
プロフィール

heiseiishin

Author:heiseiishin
平成維新伝心プロジェクト
高い志をもった中小企業経営者が学びあい、そして強くなるための場を提供し、中小企業の繁栄を目指すプロジェクトです。

閲覧者
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。